就活に役立つ能力とは

大学生で就活を控えた3年生や4年生の場合、いかに就職のために役立つ経験をするかが大事になってきます。
その1つに、アルバイトがあります。ただ、アルバイトさえしていれば就活に有利になるかといえばそんな事はなく、そこで何を経験したかということが大事になることは言うまでもありません。
では、どのようなことを経験している人が就活に有利になるのでしょうか。これは、就活生に対して多くの企業が何を求めているかによって変わってきます。企業の中で、一番求められているのはコミュニケーション能力です。その次に、主体性やチャレンジ能力が上位にきます。このように、就活生に対して求められているものを、バイトの経験からえることは十分に可能になります。
例えば、学習塾の講師は割と就活に役立つと言われています。学習塾の講師自体が話をすることが仕事ですので、コミュニケーション能力が身につきます。また、集団授業の塾であれば、多くの人の前で説得力のある内容を話すことでプレゼン能力を身につけることも可能になります。ただ、これらの能力はバイトをしなければ身につけることができない訳ではありません。
例えば、コミニュケーション能力は、問われていることを的確に理解することでもありますし、伝えたいことを的確に相手に伝える能力でもあります。このように考えると、バイトは、能力を身に付けやすいというだけで、バイト以外でも普段から就活に必要な能力や力を意識していて、それを発揮できる環境にいることで十分とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です